NEW YORK JETS FRANCHISE HISTORY
1959/10/14 AFL発足事前会議がChicagoで行われ、New York等にfranchiseを置くことを決定する。
1959/12/18 New York Titansの初代Head CoachにSammy Boughを指名する
1960/09/11 TitansはPolo-Groundにて最初の試合を行う。27-3でBuffaloに勝利。観衆は10,200人。
1963/03/28 Leon Hess他4名のgroupがTitansを100m$にて取得。
1963/04/15 Owner groupは2代目Head CoachにWeeb Ewbankを指名する。team名をJETSと改称する。
1963/11/24 J.F.Kennedyの国葬のためgameをsuspendする
1964/09/12 JETSはSHEA STADIUMを1964seasonから使用。その最初の試合でDenverを30-6で下す。観衆は45,665人。
1965draft Alabama University Crimsontideの若者、Joe NamathをAFL DRAFTの1位で指名。
1965/09/18 Joe NamathがKansas City戦にてデビュー。
1965/12/16 Joe Namathは1965seasonのAFL Rookie of the yearに選出される
1968/11/17 『Heidi-Game』。Oaklandに残り1:05から逆転負けする。『天覧試合』と同じくらいのスポーツボキャブラリーと考えればよろしいみたいです
1968/12/29 Oaklandを27-23で下し、初のAFL TITLEを獲得する。
1969/01/12 ORANGE BOWLでのSUPER BOWL VにてBaltimore Coltsを16-7で下し、World Championとなる。
1970/09/21 abc Monday Night Footballの初放映にJETS @ Clevelandが登場。試合は21-31でJETSの敗戦。
1970/11/01 初のNew York Derby。10-22で敗戦。観衆は63,903人。
1973/12/16 Buffalo @ JETSで、OJの2,000yds rushing達成をアシストしてしまう。
1976/12/12 Cincinnati戦。Joe NamathのJETSとしてのキャリア最後の試合。
1977/05/12 Joe NamathはLos Angeles Ramsと契約する。
1978/01/23 Weeb Ewbankは Pro-Football Holl of Fameに選出される
1998/02/27 Jetsは旧来のuniform及びlogoのデザインを変更すると発表した
1983/01/23 ストによるshort cut seasonで1969以来のAFC Championshipに進出するものの、Miamiに敗戦。
1983/12/10 Pittsburgh @ JETSがSHEA STADIUM最後のJETSホームゲームとなる。
1984/02/09 Leon Hessは最後の共同オーナーの株式を取得。100%のJETS所有権を得る。
1984/09/06 Pittsburgh @ JETSがGIANTS STADIUMでの最初のJETS home gameとなる。
1985/01/29 Joe NamathはPro-Football Holl of Fameに選出される。
1986/12/28 1968season以来のplay-off ホームゲームの勝利。Kansascity @ JETS
1987/01/03 Divisional Play-Off、JETS @ Cleveland。4Q残り4:14,20-10のリードをdouble over timeの末破れる。
1987/01/27 Titans最初の契約選手でもあったDon MaynardはJETSのplayerでは2人目のHoll of Fameに選出された。彼の背番号13は永久欠番とされた。
1991/12/22 JETS @ Miami。 勝った方がwild-card滑り込みの試合に、parttime Kicker Allegreの決勝FGで勝利。
1992/11/29 DE Dennis Byrd がKansas City @ JETSのゲーム中、味方と衝突。頸椎を痛め部分不随となる。のちに回復。
1993/04/00 Boomer Esiason,Ronny Lott,Leonard Marshall等の大物FA選手と契約する。
1993/04/21 JETS all time leading rusher、 Freeman McNeilが引退を発表する
1993/09/03 DENNIS BYRD が自力歩行でGIANTS STADIUMの観衆の前に登場。その回復をアピールし、
honorary captainとしてcoin tossコイントスを行う。またDENNIS BYRD AWARDの創設を発表する。
1994/11/24 Miami @ JETSでGIANTS STADIUMの最高観客動員を記録する。75,606人。
試合はあの『spike fake』にrookie CB Gllenが引っ掛かり24-6が24-28の逆転まけ
1996/01/25 QB,Boomer Esiasonが『NFL man of the year』に選出される。しかし契約満了に伴いFAとなりArizonaへ移籍する。
1996/04/00 Neil O'dnnelと2500M$の契約を始め、隣組のJumbo Eliot等と次々と大物FAと契約する
1996/09/14 井上@JETSMASTERが初めてJETSの試合を観戦。JETS @ Miami。#31Gllenの100yds intercept return TDを目撃する。試合は28-36でMiamiの勝利
1996 大型補強をしたにもかかわらず、JETS史上最悪の1勝15敗の成績に終わる。
1997/02/11 New Englandのhead coach Bill Parcellsを招聘、おまけにBill Belichickも連れてくる。NFL Head Quarterの裁定で翌年の1順指名等をNew Englandに譲渡する
1997/04/20 前年Jacksonville,Carolinaより成績の悪かったJETSがDRAFT1巡1位でUSC Trojansの若者、 Keyshawn Johnsonを指名する
1999/01/17 AFC Champioship。JETS @ Denver, 23-10で敗戦。フルシーズンでは1968以来のAFC title game
1999/07/05 NFL on TourとしてWR Keyshawn JohnsonとLB Mo.Lewisが来日
2000/05/07 Owner Leon Hess死去。その遺言通りJETSは所有権を売却に出し、多国籍医薬品メーカーJohnson&Johnson創始者一族が買い入れる。
2003/05/07 MLB Marvin JonesがNFL TOKYO 2003のpromotionの一環でTampa BayのLBシェルトン・クォールズと来日
2003/07/30 JETSはclub史上初めて北米大陸を離れ東京遠征
8月2日に「NFL TOKYO 2003」としてTampa Bayと東京ドームでpre-season gameを行う。
NEW YORK JETS YEARLY RECORDS
YEAR WIN LOSE TIE pos. Head Coach Play-off Apearance
NEW YORK TITANS
1960 7 7   2 Sammy Baugh  
1961 7 7   3 Bulldog Turner  
1962 5 9   4 Bulldog Turner  
NEW YORK JETS
1963 5 8 1 4 Weeb Ewbank  
1964 5 8 1 3  
1965 5 8 1 2  
1966 6 6 2 3  
1967 8 5 1 2  
1968 11 3   1 beat Oakland, Baltimore,get World Championship Title
1969 10 4   1 lost to Kansas city
1970 4 10   3  
1971 6 8   4  
1972 7 7   2  
1973 4 10   5  
1974 7 7   4 Charley Winner  
1975 3 11   5 Charley Winner/Ken Shipp  
1976 3 11   4 Lou Holtz  
1977 3 11   4 Walt Michaels  
1978 8 8   3  
1979 8 8   3  
1980 4 12   5  
1981 10 5 1 2 lost to Baffalo
1982 6 3   2 beat Cincinnati,L.A.Raides,lost to Miami
1983 7 9   5 Joe Walton  
1984 7 9   3   
1985 11 5   2 lost to New England
1986 10 6   2 beat Kansas city,lose to Cleveland
1987 6 9   5   
1988 8 7 1 4   
1989 4 12   5    
1990 6 10   4 Bruce Coslet   
1991 8 8   2 lost to Houston
1992 4 12   4  
1993 8 8   3    
1994 6 10   5 Pete Carroll  
1995 3 13   5 Rich Kotite    
1996 1 15   5  
1997 9 7   2 Bill Parcells    
1998 12 4   1 beat Jacksonville,lost to Denver
1999 8 8   4   
2000 9 7   3 Al Groh  
2001 10 6   3 Herman Edwards lost to Oakland
2002 9 7   1 beat Indianapolis,lost to Oakland
2003 6 10   3  
2004 10 6   2 beat San Diego,lost to Pittsburgh
2005 4 12   4  
2006 10 6   2 Eric Mangini lost to New England
2007 4 12    3  
2008 9 7   3  
2009 9 7   2 Rex Ryan beat Cincinnati,San Diego,lost to Indianapolis
2010 11 5   2 beat Indianapolis,New England,lost to Pittsburgh
2011 8 8 2
2012 6 10 3
2013 8 8 2
2014 4 12 3
2015 10 6 2 Todd Bowels
2016